ゴルフは右手の甲を折り曲げる方向が大事。

ゴルフでは、右手の甲を折り曲げる方向と角度が大事です。

右手の動きは、よくハンマーを打つ時の動作に例えられることがありますよね。

ゴルフのレッスン書や、漫画(マンガ)などでも、

そうするように書かれていることがあります。

そのため私も長年、勘違いしていましたw

冷静によく考えると、ハンマーを打つ時の動作だと、

右手は親指側に折れ曲がります。

しかしそれだと、ゴルフスイングのトップでは、

オーバースイングになりがちです。

しかもクラブヘッドが、頭より右側に出てしまいます。(右打ちの場合)

スイング中に、自分でもクラブヘッドが見えることもw

いわゆる飛球線とクラブがクロスする状態なわけです。

この状態から、インパクトでスクエアーに戻すのは至難の業です。

相当な練習量があれば、出来るでしょうが。

これじゃあシンプルなゴルフスイングとは言えないですよね。

実はハンマーを打つ時の動作というのは、

親指側へのコックと言う意味ではないのです。

プロゴルファーの写真をチェックしてみるとわかりますが、

少し右手の甲側に折れているはずです。

実際にハンマーをもって、釘を打ってみればわかりますが、

親指側だけにコックし、腕と一直線になると、

相当打ち難いです。

どちらかと言うと、手の甲側に少し折り、腕との角度をつけて、

そのまま振り下ろすほうが、打ちやすいはず。

だから右手の甲の角度を意識するだけで、

ゴルフスイングが、ガラッと変わり、シンプルになるかも。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。