ゴルフ パー(par)とは何?

ゴルフ では、ボールをカップに入れるまでの基準打数として、パー(Par)が設定されています。

パーは各ホールに設定されています。

例えば、Par3と書かれたホールでは、3打でカップに入れることが基準打数です。3打目で入った場合は、「パー」(0)と言います。

その時、ゴルフクラブは何を使ってもかまいません。もちろんパターでカップに入れてもパーだし、グリーンの外から、直接カップインしてもパーです。

Par4のホールでは 4打、Par5のホールでは 5打で入れると、パーになります。

また、基準打数のパーより、1打少ない(-1)場合は、バーディ(birdie)と言います。

そして 2打少ない(-2)場合は、イーグル(eagle)と言います。

Par3のホールで 2打少ないということは、1打目が直接カップに入ることになるので、ホールインワン(Hole in one)と言います。またはエース(Ace)と言うこともあります。

ホールインワンは、1打目が直接カップに入るので、Par3とPar4ではスコアが異なります。Par3の場合は -2 になりますが、Par4だと -3 になります。

Par5では、距離的にホールインワンは、まず無理です。よほどの飛ばし屋でない限り届かないし、たとえ届いたとしても、カップインする確立は非常に低いからです。

Par5で第2打目がカップインすることを、アルバトロス(Albatross)、またはダブルイーグル(Double eagle)といいます。スコアは -3 になります。

アルバトロスは、ティーショット(1打目)と、セカンドショット(2打目)の両方で飛距離が必要です。しかもティーショットで良い位置にゴルフボールがなければ、セカンドショットでグリーンを狙うことができません。

したがって、アルバトロスの確立は、ホールインワンより低いと言われています。

プロのトーナメントでは、まれにアルバトロスが出ることがあります。アルバトロスが出ると順位がグッと上がります。

アマチュアのゴルファーでも、ホールインワンはたまに出ることがあります。ホールインワンが出ると、記念品を配ったり、ゴルフ場に植樹したり、パーティをすることがあるので、費用がかかります。

そのため、ホールインワン保険というものがあります。ゴルフ保険の特約として付いている場合もあります。

プロのトーナメントでホールインワンが出ると、賞を設定したホールでは、賞金や商品が贈られます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。