ゴルフ キャディさんを味方にして、スコアアップしよう。

ゴルフ では、ロングコースのゴルフ場だと、キャディさんがいて、一緒に回ってくれます。

キャディとは、カートを運転したり、ゴルフクラブを運んでくれたり、ゴルファー(競技者)が円滑にラウンドできるように、手伝ってくれる人です。

*ラウンド ゴルフコースを周ること

ゴルフコースを熟知しているキャディさんだと、ショットの狙いどころや、グリーン上の傾斜など、的確なアドバイスもしてくれるため、ゴルファーのスコア(成績)が良くなることがあります。

ちなみにゴルファーは、キャディさんのアドバイスしか聞くことができません。同伴競技者である他のゴルファーに、アドバイスを求めるのは、ルール違反です。

したがってプレー中は、キャディさんだけが、唯一の味方ということになります。

初めてのゴルフコースだったり、ラウンドの回数が少ないコースだと、どこへ打ってよいのかわからないものです。特にゴルフ初心者はそうですよね。

たとえショットが良くても、コースの傾斜で、予想以上にボールが転がり、ラフへ入ってしまうこともあります。

また、グリーン上のパッティングでも、慣れないコースでは、傾斜と芝目の関係が掴みにくいものです。

グリーンの傾斜があるのに、芝目の影響できれなかったり、傾斜と逆にゴルフボールが転がることもあります。

また、コース上の高低差や、残り距離、ドックレッグ(曲がったコース)だと、クラブ選択で迷うことがあります。

そんな時にキャディさんにアドバイスを求めると、1ラウンドで数打は変わってきます。

なので、唯一の味方であるキャディさんは、大切にしましょう。休憩中にキャディさんにもジュースなどを買ってあげると喜んでくれます。

一般のアマチュアゴルファーがラウンドする時は、1組(2人~4人)のゴルファーに、1人のキャディさんが付くことが一般的です。

つまりキャディさんは、皆で共有していることになります。あなたの味方であると同時に、他の同伴競技者にとっても味方であるわけです。

あなた専属ではないので、キャディさんの負担が減るように、自分でできることは、自分で行なうことも大事な気配りです。

例えば、使いそうなクラブを数本持って、次のショットの地点に行くとか、クラブの置忘れがないように注意することは、自分でもできます。

そんな小さなことの積み重ねで、ラウンドがスムーズに進むのです。

プロのトーナメントでは、1人のプロゴルファーに1人のキャディさんが付きます。専属のキャディさんと一緒に、全国の試合会場をまわることもあります。

またはそのコースの優秀なキャディさんに頼むこともあるようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。