ゴルフに必要な用具について。

ゴルフ は、いろんな用具が必要なスポーツです。

ゴルフ初心者の場合、先輩や友達など、周囲のゴルフ仲間から、もらえることもあるため、全て買い揃える必要はありません。でもゴルフコースに出てラウンドするには、最低限として、以下の用具が必要になります。

■ゴルフクラブ
ゴルフクラブは、大きく分けると、ウッドとアイアン、パターの3種類に分けられます。

(1)ウッド
ウッドは飛距離を出すためのクラブです。ティーショット(1打目)や、セカンドショットに使います。

ティーショット以外で、ドライバーを使ってもかまいません。アプローチの時、パターの感覚で、ウッドを使うこともあります。

・ドライバー


・フェアウェイウッド


(2)アイアン
アイアンは正確な飛距離と方向を出したり、ボールにスピンを効かせてコントロールするクラブです。グリーン周りのアプローチにも使われます。

アイアンはセットで売られていたり、単品でバラ売りされていることもあります。



(3)パター
パターは、グリーン上で、ゴルフボールをカップに入れるための道具です。いろんな形のパターがありますが、あなたが「使いやすい」、「入る気がする」と思ったものが一番です。

実はゴルフで一番多く使用するのが、パターです。スコアの大部分を占める重要な道具です。




■ゴルフバッグ
ゴルフバッグは、ゴルフクラブやその他の用具を入れて運ぶためのものです。

ロングコースに行く時は、用具が多いので、大き目のほうが便利です。


セルフプレーに便利な、足の付いたタイプもあります。



■ゴルフボール
ゴルフボールによって、飛距離やスピンのかかり具合が違ってきます。中級者や上級者は、毎回同じボールを使ったほうが、安定します。でも初心者の間は、安いロストボールでも十分です。




■ティー
ゴルフボールを乗せる道具で、ティーショットする時に使います。ラウンド中に救済措置のマークに使うこともあります。ウッド用のレギュラーティーと、アイアン用の短いティーがあります。

・レギュラーティー


・アイアンティー



■マーカー
グリーン上でゴルフボールを拾い上げる時、ボールの位置を示す目印として使います。コインを使うことできますが、他のゴルファーがパッティングする時、邪魔にならないように注意する必要があります。

マーカーは、ゴルフ場でもらうこともできます。




■ヘッドカバー
ウッドやパターを傷めないようにする役目があります。車やカートで移動中は、振動でクラブ同士がぶつかり、傷が付きやすいのですが、それを防ぐことができます。

ウッドやパターを買った時に付いていることもあるので、確認したほうがよいでしょう。アイアン用のカバーもあります。




また、ゴルフ用具以外にも、ゴルファーが身に付けるものとして、以下のものがあります。

■ゴルフウェア
ゴルフはスポーツなので、体を動かしやすい服装にする必要があります。ゴルフコースでは、結構歩いたり走ったりします。

またボールを打つ時には、かなりの運動です。適した服装でないとスコアに影響します。




■レインウェア
ゴルフは、自然の中で行なうスポーツなので、雨の対策も必要です。レインウェアを着れば、少しくらいの雨なら、プレーを続けることができます。




■傘
ゴルフ用の大き目の傘も持っていたほうがいいです。




■帽子
直射日光から頭を守ることはもちろん、ゴルフコース内では、不意にボールが飛んでくる可能性もあるため、帽子はかぶっていたほうが安全です。




■ゴルフシューズ
スイング中に足元がぐらつかない様に、しっかり支えてくれます。またゴルフはかなり歩くので、疲れないシューズを選びましょう。




■ゴルフグローブ
ゴルフはスイング中にもの凄く力が加わります。素手だと手の皮がすぐに剥けてしまいます。しっかりクラブを握れる、手にフィットするゴルフグローブにしましょう。




ゴルフ用具やウェアは、好きなメーカーで統一することも出来るし、個別に選ぶ楽しさもあります。またファッションも、ゴルフの魅力の一つです。

ちなみにゴルフ練習場では、ゴルフクラブと、ゴルフグローブだけでも大丈夫です。できればゴルフシューズも持って行ったほうが良いでしょう。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。