ゴルフクラブの様々な種類について。

ゴルフ では、多くのメーカーから、様々なゴルフクラブが販売されています。ゴルファーは、好みのクラブを組み合わせて、14本まで使うことができます。

ゴルフクラブの種類は、以下のものがあります。それぞれのクラブには、別名が付いています。別名で呼ばれることも多いので、覚えておくとよいでしょう。

■ウッド
1W(ドライバー) 1番ウッドのこと
2W(ブラッシー)
3W(スプーン)
4W(バッフィー)
5W(クリーク)
6W~


■ユーティリティー
ウッドとアイアンの中間のようなクラブ


*ユーティリティーとは、役に立つものという意味

ユーティリティーは、ウッドに近いタイプと、アイアンに近いタイプがあります。ウッドやロングアイアンより使いやすいので、利用者が増えています。


■アイアン
1I~9I(アイアン)
PW(ピッチング・ウェッジ)
AW(アプローチ・ウェッジ)
LW(ロブ・ウェッジ)
SW(サンド・ウェッジ)

アイアンは、ロングアイアン、ミドルアイアン、ショートアイアンに分類することもあります。

ロブ・ウェッジ や サンド・ウェッジは、単品でも販売されていることが多いです。アプローチ重視なら、数本のロブ・ウェッジを入れる人もいます。


■パター
グリーン上で使用するクラブ

最近では、ヘッドの形状がいろんなパターが販売されています。




ロング(長尺)パターも、よく使われるようになってきました。


ロングパターは、安定したストロークができることと、腰を曲げずにパッティングできるので、体への負担が少ないパターです。

また、ウッドとアイアンは、番手の数字が大きくなるほど、クラブの角度が大きくなるので、ゴルフボールが高く上がり、飛距離が短くなります。逆にスピン量は増えるため、ボールが止まりやすくなります。

以上の種類から、14本のゴルフクラブを選ぶことになります。

ゴルフクラブを選ぶことも、ゴルフの楽しさの一つであり、この時から既にスコアメイクは始まっています。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。