ゴルフクラブの番手ごとの飛距離を把握する方法。

ゴルフ は、「飛距離」と「方向」の正確性が求められるスポーツです。

特にゴルフクラブの番手ごとの飛距離を知っておくことは重要です。

飛距離は飛びすぎても、飛ばなくてもダメです。あなたが思ったような飛距離を打てるようになると、スコアが良くなります。

方向が左右の誤差なら、飛距離は縦の誤差です。

グリーンを狙うショットでは、左右の誤差より、縦の誤差のほうが、トラブルが多くなります。

グリーンの手前には、池やクリーク(小川)、バンカーなどが設置されていることが多いからです。グリーン奥からのアプローチも難しいことが多いです。

それに対し、左右の誤差については、極端な話、グリーンのセンターを狙えば、グリーンの幅が許容範囲となってくれます。

またグリーン横からのアプローチは、奥からに比べると、易しいことが多いです。グリーン手前に刻むにしても、正確な飛距離が必要です。

したがって、飛距離が合うようになると、それほど大きなミスにはつながらなくなります。

ゴルフクラブは番手ごとに飛距離が異なります。たとえ同じクラブでも、違う人が打つと、飛距離が全然違います。

飛距離はヘッドスピードやゴルフクラブの材質、ゴルフボール、スイングで変わってきます。

あなたのスイングが上達すると、飛距離が伸び、距離も安定してきます。

同じ人でも飛距離は常に一定ではなく、年齢と共に変わってくるものなので、現時点でのあなたの飛距離を把握しておくことが大事です。

飛距離を把握するには、実際にゴルフコースで確認するのが一番ですが、ゴルフ練習場でも、ある程度は確認することができます。

ゴルフ練習場で全てのクラブを打ってみて、平均的な飛距離をメモしておき、覚えるとよいでしょう。しかしゴルフコースでは余裕がないことも多いです。

そこで、よく使うアイアンは、基準となるクラブを1本設定して、1番手かわると、何ヤード違うのか把握しておきます。

例えば、7I(アイアン)の飛距離が 150ヤードだとすると、6Iでは160ヤード、8Iでは140ヤードという具合に計算できます。距離間隔は人により異なります。

ゴルフ練習場で、飛距離を確認する時に、注意するポイントをまとめます。

まず、ゴルフ練習場のボールは、飛ばないようになっていることがあります。しかも練習ボールは繰り返し使われるので、傷んでいます。

でも距離表示が調整されているので、大体の目安にはなります。50ヤードや100ヤードの表示が近いと感じるのは、そのためです。

また、ゴルフ練習場は、ネットで覆われているため、風の影響が少なくなっています。そのことも考慮しましょう。

縦方向が短いゴルフ練習場では、ドライバーなど飛ぶクラブの正確な飛距離がわからないことがあります。飛距離の確認には、広いゴルフ練習場に行くなど、使い分けるとよいでしょう。

狭いゴルフ練習場でもメリットはあります。狭いと飛ばそうという意識が無くなるので、力まなくなります。そのためスイング作りに向いています。また左右が狭いことで、真っ直ぐ飛ばす練習にもなります。

ゴルフ練習場で、ある程度の飛距離を把握したら、最終的にはゴルフコースで実際に打ってみて、飛距離の誤差を調整します。

あとは風の方向や強弱、コースの高低差を考えて、簡単な足し算と引き算で、クラブを選択できます。

慣れてくると、瞬時に計算し、スムーズなプレーができるようになります。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。