ゴルフ マナーを知って、お互い気持ちよくプレーしましょう。

ゴルフ 初心者が、ゴルフコースへ出る前に、ぜひ知っておいたほうが良いことに、「ゴルフマナー」があります。

ゴルフマナーとは、他のゴルファーと一緒に、楽しくスムーズにラウンドするための礼儀作法です。

例えばゴルフのマナーには、以下のようなものがあります。
・ゴルフに適した服装にする。
・他のゴルファーのプレー中は、静かにして動かない。
・飛球線の後方に立たない。
・飛球線の前方に出ない。
・プレーに時間をかけすぎない。
・移動は素早く行なう。(ただしスイングは焦らずに)
・削り取ったディボットは、必ず直す。
・バンカーショットの後は、必ず砂をならす。
・グリーン上では、芝を傷付けないように歩く。
・同伴競技者のラインを踏まない。
・先にカップインしたら、ピン(旗ざお)を持つ。

など、他にもいろんなマナーがあります。

たまにピンをキャディさんに持たせたままの人を見かけますが、それはあまりよくありません。キャディさんは、他のプレーヤーの世話をしたり、カートの移動などで忙しいのです。

普通は一番先にパットを終えた人がピンを持ちます。もし目上の人がピンを持っていた場合、あなたのプレーが終了しているなら、かわってあげてもよいでしょう。

ゴルフ初心者がピンを持っている場合は、プレーをスムーズに行なうため、先輩が持ってくれることもあります。

また、ゴルフマナーは、自分と同じ組だけでなく、ゴルフコースでプレーしている他の組に対しても当てはまります。

・前の組にボールを打ち込まないように、距離に気を付ける。
・危険なボールを打った場合は、「フォア」と大声で叫ぶ。
・隣のホールに打ち込んだ場合は、一声かけてから、打たせてもらう。
・自分の組が遅いなら、後ろの組に先にプレーしてもらう。
・次のホールへの移動中、ティーグランド近くでは静かにする。

ゴルフコースは、各ホールが複雑に配置されていますから、すぐ近くで別の組がプレーしています。そのため、自分の組だけでなく、周囲にも配慮する必要があるのです。

特にゴルフボールは硬く、もの凄い速さで飛ぶので、人に当たると危険です。あなたの飛距離では絶対届かないと確信できるまで、前の組が移動するのを待ちましょう。

OBは仕方無いのですが、心がけ次第で危険を未然に防止できるのなら、それが一番です。

そして、ゴルフコースを管理してくれている人達への配慮も必要です。グリーンを傷つけないようにするのはもちろん、フェアウエーで自分で作ったディボットは芝を戻したり、目土するのが基本です。

ゴルフマナーといっても難しく考えずに、基本は相手に気持ちよくプレーしてもらうように、気を配ることです。

「自分がされたら嫌だな」と思うことをしなければ、ほとんど大丈夫です。先輩のゴルファーに教えてもらったり、ゴルフマナーに関する本を一度読めば、大体わかるようになります。

・ゴルフはマナーでうまくなる


ゴルフマナーについては、ルールブックにも書かれていることが多いです。

・スタイリッシュ・ゴルフマナー&ルール読本


ゴルフの先輩や同伴競技者の中で、「マナーがいいな」と思う人がいたら、教えてもらったり、真似てみると良いでしょう。

マナーの良いゴルファーは、かっこいいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ