ゴルフ 真っ直ぐ飛ばすより、左右に曲げたほうが楽だし、自然な動き。

ゴルフ は、ボールをゴルフクラブで打って飛ばしますが、その時ボールには、必ず回転(スピン)が加わります。

ゴルフはゴルフボールの「回転をコントロール」するスポーツと言えるかもしれません。

クラブヘッドには溝があり、ゴルフボールと接触するときに、様々な回転を生じさせます。

まず、横の回転から考えてみましょう。

例えば右打ちの場合、ゴルフボールに右回転を加えれば、右に曲がる球筋になります。ボールが落下する時に、少し右に曲がる球筋を「フェード」と言います。大きく右に曲がる球筋は「スライス」です。

逆にゴルフボールに左回転を加えれば、左に曲がる球筋になります。ボールが落下する時に、少し左に曲がる球筋を「ドロー」と言います。大きく左に曲がる球筋は「フック」です。

左打ちの場合は、この逆になります。

ゴルフボールに真っ直ぐの回転を加えなければ、ストレートボールにはなりません。ゴルフスイング自体が曲線運動なので、普通にスイングすると、ほぼ左右のどちらかに曲がります。

したがって、真っ直ぐ飛ばすことが、一番難しいと言えます。

普通は曲がり具合をコントロールした、フェードかスライスが持ち球になります。

どちらに曲がるかは、ゴルファーのスイングのクセだったり、意図的に曲げることもあります。

一般的に、フェードは逆回転になるためボールが止まりやすく、ドローは順回転になるのでボールが転がりやすくなります。

そのため、グリーンを狙うショットでは、意識的にフェードボールを打つことがあります。

あと、左右からの風に対し、フェードやドローで風にぶつけてみたり、逆に風に乗せてみるなどの作戦を使うことも可能です。

また、ゴルフボールの縦の回転をコントロールすることで、グリーン上に落ちた時に、バックスピンをかけたり、逆にあまり転がらない球筋にすることもできます。

プロゴルファーや上級者は、ゴルフボールの縦横の回転を上手くコントロールすることができます。

ゴルフ初心者の場合も、自分のスイングに合った球筋を把握し、その曲がりの幅をコントロールできるように練習することで上達します。

左右どちらに曲がるかわからない球筋よりも、確実に右に曲がるとわかっている球筋のほうが、ゴルフコース上では、作戦が立てやすいのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。