ゴルフでよく使われる単位について。

ゴルフ では、私たち日本人が、日常であまり見かけない単位を使うことがあるので、ここでまとめてみます。

日本のゴルフ場では、距離表示にヤード(yard)が使われています。1yd は 0.9144m です。

したがって、100yd と表示されているホールは、91.44m ということになります。距離が短く感じるのはそのためです。日本人はメートルに慣れているので、ゴルフ初心者は、最初のうち戸惑うかもしれません。

ゴルフでは、他にもフィート(feet)や、インチ(inch)といった単位をよく使います。

1フィートは 0.3048 m で、3フィートで 1ヤードになります。フィートの由来は足の大きさだと言われています。しかし約30cm は大きすぎるので、靴を履いた時の大きさではないかと考えられています。

1インチは 2.54 cm で、12インチで 1フィートになります。日本でも靴屋さんに行くと、外国製の靴のサイズでインチという単位をよく見かけます。

まとめると以下のようになります。
・1yard = 3feet
・1feet = 12inch
・1inch = 2.54cm

つまり 36inch が 1yard で 0.9144m となります。ややこしいですよね。

でも安心してください。日本ではグリーン上になると、「m」や「cm」を使うことがほとんどです。

プロゴルフトーナメントの番組の解説でも「カップまで5メートル」とか「30cmのパット」と表現していますよね。

とりあえず、ヤードだけ覚えておけば、大丈夫です。

でも、ホール(カップ)の直径が 4.25インチだったり、ローカルルールで、救済を受ける時に、「○インチ以内にプレース」というように使うことがあります。できるだけ覚えておくとよいでしょう。

ちなみにプレースとは、ゴルフボールを元の位置と違う場所に置く事です。同じ場所に置く時は、リプレースと言います。

また、ゴルフクラブの長さにもインチが使われています。カタログを見ると、「長さ45.5インチ」というふうに書かれています。

・ドライバー


ゴルフでは「クラブレングス」という単位もよく使います。レングス(length)とは、長さのことです。1クラブレングスは、クラブ1本分の長さです。普通はドライバーを基準に使います。

例えば、「1クラブレングス以内にドロップする」とか「2クラブレングス以内に○○」という表現は、ゴルフルール上、よく出てきます。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。