ゴルフの前日までに準備することについて。

ゴルフ場ゴルフ をするには、いろいろ準備が必要です。

(1)ゴルフコースを予約します。
まったくのゴルフ初心者の場合は、ゴルフ仲間や会社の先輩、同僚と一緒に行くことになると思うので、ゴルフ場の予約は誰かがしてくれます。

できれば予約する時に、側にいて予約の仕方を教えてもらってください。ゴルフ場の予約ができたら、日時を間違えないように確認します。

もし自分で予約する場合は、ゴルフ場予約サイトを利用すると便利です。


ゴルフ場予約サイト:楽天GORA


(2)ゴルフ用具を準備します。
ゴルフクラブやキャディバッグはもちろん、手袋、ゴルフシューズ、ゴルフボール、ティーなどを忘れないようにしてください。また帽子、レインウェア、ゴルフ用の傘、タオルなども用意しておいたほうが良いでしょう。

ゴルフ用品は、ネットで購入するとお得です。初心者向けの特集もあります。


ゴルフ用具は、全てキャディバッグに入ります。

・キャディバッグ


ゴルフ用の傘も、キャディバッグの側に付けられるようになっています。


(3)ゴルフに適した服装を準備します。
ゴルフはスポーツです。スイング中は体を激しく動かします。次のショットへの移動も素早く行なうので、動きやすい服装にする必要があります。男性の半ズボンを禁止しているゴルフ場もあるので、注意しましょう。

またゴルフの後、シャワーやお風呂に入れるように、着替えを用意しておいたほうがいいです。入らなくても、ゴルフは汗をかくので、着替えは必要です。

ゴルフシューズと帽子、着替えはバッグにまとめます。

・ボストンバッグ


バッグの底にシューズを入れるスペースがあるタイプなら、シューズケースは不要です。シューズケース単独でも販売されています。

・シューズケース



(4)ゴルフ練習場で練習する。
ゴルフはラウンド中にスイングを修正するのは困難です。そのため前日までにゴルフ練習場で、スイングチェックしておいたほうが無難です。

また、ゴルフボールは硬いので、ある程度真っ直ぐ打てるようにならないと、ゴルフコースでは危険です。頻繁にシャンクが出たり、コントロールできないほど、フックしたりスライスする場合は、まだコースに出ないほうがよいでしょう。

*シャンク(shank)とは、アイアンのネック部分に当たってしまうミスショット

いきなりロングコースだと、いろんな緊張感があるので、できれば何度かショートコースを経験することをおすすめします。

ショートコースでグリーン周りに慣れておけば、ロングコースでもなんとかゴルフの形になります。


(5)最低限のマナーとルールを覚える。
ゴルフはルールが多いので、コースへ出る前に、ルールブックを1冊読んでおくことをおすすめします。やさしい本でかまいません。

・よくわかるゴルフルール


ゴルフは自分が審判のスポーツです。ルールを知らなくて違反しないように、ある程度のルールは知っておく必要があります。

ルールブックには、マナーについても書かれていることが多いです。マナーとルールは覚えてからコースへ出ると、慌てずに済みます。


(6)ゴルフ場までの交通機関をチェックする。
ゴルフ場は交通が不便な場所にあることが多いです。ゴルフ場までの交通機関を、事前にしっかりチェックしておきましょう。

当日は早目にゴルフ場に到着するようにします。スタート時間の1時間前には着いておくとよいでしょう。初心者の場合は、もう少し早めのほうが安心です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。