ゴルフ 練習グリーンでパターの練習をする時のコツについて。

ゴルフ場 では、スタート直前まで、練習グリーンでパターの練習をすることが多いです。

ゴルフ 初心者は、グリーン上で練習する機会がほとんどないため、この時間は大切です。

普段、ゴルフ練習場で、ドライバーやアイアンの練習をする人は多いのですが、パッティングの練習をしている人はほとんどいません。

ゴルフ練習場に練習グリーンがある場合もありますが、ゴルフ場ほど丁寧に手入れされていません。

パターの練習といえば、せいぜい自宅でパターマットやパッティングカップを使って、練習するくらいだと思います。

・パターマット


・パッティングカップ


パターマットやパッティングカップは、スタンスやボールを真っ直ぐ打つ練習には良いのですが、距離感を掴む練習ができません。

*スタンスとは、ゴルフボールを打つ時の両足の位置

そのため、ゴルフ場の練習グリーンは、本気でパターの練習をする唯一の機会です。スタート前の練習時間を有効に使いましょう。

ゴルフ場の練習グリーンでは、主に距離感を掴む練習をします。ゴルフボールも本番と同じものを使います。

距離感を掴むには、1m、3m、5m、10m というような間隔で、自分なりの基準を作ることが有効です。

まず練習グリーン上で、なるべく平らな場所を探します。最初は平らな場所で 1m を打つ練習をします。

最後まで球の転がりを確認したいので、カップには入れないほうがいいでしょう。したがってカップの無い場所でも練習できます。

方向と、距離感、その時の力加減を覚えます。1m が掴めたら、次は 3m、5m、10m と伸ばしていきます。(間隔は自分で決めてください)

すると 2m なら、「1m と 3m の間の力加減だな」とか、4m なら「5m より少し弱く」というふうに、大体の力加減がわかるようになります。

平らな場所での距離感がわかったら、次は昇り傾斜や、下り傾斜でパッティングしてみます。

「下り傾斜で 1m の力加減で打つと 2m も転がる」とか
「昇り傾斜で 1m の力加減で打つと 60cm しか転がらない」
というふうに、グリーンの傾斜とゴルフボールの転がりの関係を掴んでください。

グリーンの傾斜だけでなく、芝目でも転がり方が変わります、順目の時はよく転がるし、逆目の場合は転がりません。

グリーンの芝目は、順目なら白っぽく、逆目なら黒っぽく見えます。またカップの切り口では、芝目がよく確認できます。

あとは、「スライスライン」と「フックライン」で、ゴルフボールの転がりをチェックします。右打ちの場合なら、スライスラインは右に切れ、フックラインは左に切れます。

左右どちらにボールが切れるかは、グリーンの傾斜と芝目に影響されます。

傾斜より芝目の影響が強いこともあって、傾斜では左に切れるはずなのに、打ってみるとストレートに転がったり、逆に右に切れることもあります。

実際のゴルフコース上で、どちらに切れるかわからない時は、ベテランのキャディーさんならアドバイスしてくれます。同伴競技者にアドバイスを求めると、ルール違反になるので注意してください。

また練習グリーンは、実際のグリーンより、芝が長いこともあるので、その辺も考慮して、練習してください。

ゴルフ初心者の場合、残り距離が何メートルなのかわからないことがあると思います。そんな時は、距離感を「歩幅」で把握しておく方法も有効です。

例えば 60cm の歩幅で 10歩なら 6m だとわかります。全ての距離を歩測する必要は無く、半分で 6m なら、残り 12m だと簡単に計算できます。

最後に、練習グリーンでは、アプローチの練習を禁止していることがあるので注意してください。アプローチはボールが落ちる時に、芝を傷めることがあるためです。

アプローチ用の練習グリーンが他にある場合もあるし、バンカーショットと同じ場所で練習できることもあります。ゴルフ場によって違うので、聞いてみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ