ゴルフカートで、スタートホールまで移動する。

ゴルフ場ゴルフ をする時は、移動にカートを使うことが多いです。

スタート時間が近づいてきたら、キャディマスター室の前に集合します。またはキャディーさんが、練習グリーンまでゴルフカートで迎えに来てくれることもあります。

セルフプレーの場合は、クラブハウスに戻り、自分でゴルフカートを運転します。

ゴルフカートとは、キャディーバック(ゴルフバック)を積んだり、ゴルファーを乗せてゴルフコース内を移動するための専用の車です。ゴルフカートは、電動式になっていることがほとんどです。

ゴルフカートが初めての場合は、あらかじめ運転の仕方を教えてもらってください。プレー中にキャディーさんのかわりに運転することがあるからです。

ハンドルとアクセル、ブレーキ、前進と後進の切り替えレバーくらいなので、誰でもすぐに運転できるようになります。

ゴルフカートは、2人乗りの小さなものから、5人乗りの大きなものまでいろいろあります。

2人乗りのカートは、セルフプレーに使われます。5人乗りのカートは、キャディーさんと4人のゴルファーまで乗ることができます。

ゴルフカートに乗る前に、必ずゴルフクラブの本数を確認してください。ゴルフルールで、使用できるのは 14本以内と決められているからです。

またプレー中にゴルフクラブを置き忘れることがあります。そのためにも本数を事前に確認しておくことが重要です。

ゴルファーが全員揃い、準備ができたら、ゴルフカートでスタートホール(スターティングホール)まで移動します。

アウトスタートの場合は、1番ホールへ行きます。インスタートの場合は、10番ホールへ向います。

10番ホールは、クラブハウスから遠く離れている場合があるため、インスタートのときは、時間に余裕を持って行動してください。

スタートホールに着いて、自分達の組の順番になったら、いよいよラウンドスタートです。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。