ゴルフ ラウンド中の注意点について。

ゴルフ場 で、ラウンド中に気を付けたい注意点をまとめます。これらのほとんどは、 ゴルフ ルールやマナーに含まれています。

(1)ゴルフクラブの本数確認
ゴルフ競技で使用できるゴルフクラブは、ルールで 14本以内と決められています。通常は、スタート前と終了後にキャディーさんが、本数を確認してくれます。

しかしプレー中は、自分自身でゴルフクラブの置忘れに注意してください。キャディーさんは、ゴルフカートを運転したり、他のゴルファーの世話で忙しいからです。

特にゴルフ初心者は、プレーに夢中で、ゴルフクラブを置き忘れることがあります。そのためにも、本数を確認しておくことが重要です。

ゴルフコース上で、ゴルフクラブを忘れたら、キャディーさんが取りに行くことになります。すると同じ組にも、後続の組にも迷惑をかけてしまいます。

親切な後ろの組が持ってきてくれることもあるのですが、他の人の迷惑にならないように、ホール終了ごとに、クラブの本数を確認する習慣を身に付けましょう。


(2)ゴルフボールに目印を入れる
同伴競技者と同じメーカーで、同じ種類のゴルフボールを使っている場合は、間違えて相手のゴルフボールを打ってしまう可能性があります。その場合は「誤球」となり、間違えたほうは、2打罰になります。

また自分自身の暫定球と間違うこともあるので、ゴルフボールの番号を確認してから打ったり、何か目印を入れておいてください。

ゴルフボールにネームを入れてくれるサービスがあります。
・オウンネーム ゴルフボール


自分でネームを入れられるスタンプもあります。
・スタンプ



(3)移動は素早く、プレーは焦らずに
ゴルフのラウンド中は、次のショットを打つ地点に素早く移動します。プレー自体は焦る必要はありませんが、考える時間が長すぎたり、素振りが多いと時間がかかってしまいます。

そこでゴルフボールを打つまでの、自分なりのルーティンを決めておくと良いでしょう。

決まったルーティンがあると、大体同じ時間内でショットできるようになります。しかもショットが成功する確率がアップし、安定します。

*ルーティン(routine)とは、決まった手順のこと


(4)危険な球を打った時
もし、あなたが隣のホールに飛び込んでしまうような、危険な球を打ってしまった時は、大声で「フォア」と叫びましょう。これは「危ない」、「ボールが行くから注意して」などの意味を含んでいます。

隣のホールだけでなく、前の組に打ち込んでしまった時にも叫んでください。

また、「フォア」と言う声が聞こえた時は、あなた自身も自分を守るように気をつけてください。


(5)バンカーの砂をならす
あなたのショットがバンカーに入ったら、ゴルフボールに近い場所で、なおかつ低い場所を選んでから入ります。

遠い場所から入ると、後で砂をならす範囲が広くなります。高い場所から入ると、バンカーの周りを壊してしまうことがあります。

そしてバンカーショットを終えたら、必ずレーキでならしてから出ます。出る時は、入った時の足跡をたどるようにすると、ならす範囲が最小限で済みます。

*レーキとは、くし状の鉄の歯が付いた道具


他にも、「打つ人の前に出ない」、「人のラインを踏まない」、「遅い時は後続組みをパスさせる」など、知っておいたほうが良いことがたくさんあります。

これらはゴルフルールやゴルフマナーになっていることが多いので、ラウンドする前に、本を一冊読んでおくことをおすすめします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ