ゴルフ マスターズゴルフトーナメントについて。

ゴルフ が好きな人なら、誰でもマスターズゴルフトーナメントに憧れるのではないでしょうか?

*マスターズトーナメント(The Masters Tournament)

マスターズゴルフトーナメントとは、ゴルフの4大メジャートーナメント(世界的なゴルフ競技会)の一つです。

2009年は、マスターズ史上2番目の若さとなる、石川遼選手(17歳6か月)の参加で、かなり注目されました。今までゴルフに興味の無かった人も、テレビでマスターズを見たのではないでしょうか。

マスターズゴルフトーナメントは、毎年4月に米国のジョージア州にある、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで開催されています。

マスターズの参加選手は、いずれも世界中から招待された有力選手ばかりです。

マスターズは、1934年に、ボビー・ジョーンズとその友人により創設されました。コース設計は、アリスター・マッケンジーでした。

マスターズゴルフトーナメントへは、招待された選手しか参加することができません。

招待される基準はとても厳しく、マスターズの過去の歴代優勝者、昨年のマスターズ上位者、他のメジャートーナメントの優勝者(上位者)、昨年の米国プロゴルフツアーの優勝者、PGA賞金ランク上位者、世界ランキング上位者、特別招待枠などとなっています。

プロゴルファーだけでなく、招待されれば、アマチュアゴルファーも参加することができます。(全米アマ優勝者、全英アマ優勝者など)

他にもいろんな参加基準があります。参加者には、招待状が届きます。

マスターズゴルフトーナメントは、まさにゴルフの名手(マスター)達しか参加することができない大会です。

世界で一番華やかなゴルフ大会なので、「ゴルフの祭典」とまで言われています。

優勝者には、賞金とグリーン・ジャケットが贈られます。しかも優勝すると、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの名誉会員となることができます。

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのメンバーは、世界中で約300名という、とても狭き門なので、会員になることはとても名誉なことです。

最終日の表彰式で、前年のチャンピオンから、今年のチャンピオンに、グリーン・ジャケットが贈られる(着せてもらう)シーンは、とても印象的です。

またマスターズゴルフトーナメントは、開催されるゴルフコースが毎年同じなのも特徴です。他のメジャーゴルフトーナメントは、毎年ゴルフコースが変わります。

マスターズの魅力の一つが、定点観測できることかも知れません。毎年同じコースなので、コースの変化も敏感に感じます。

長年マスターズを見ていると、ゴルフコースのレイアウトやグリーンの難しさを知るので、選手が良いプレーをした時には、コース上の歓声が凄いです。

マスターズのギャラリー(観客)は、世界で一番ゴルフに詳しい観客と言えるかもしれません。

マスターズのコースは、グリーンの傾斜が複雑で、しかもスピードがとても速いのが特徴です。そのため「ガラスのグリーン」と言われるほどです。

フェアウェイはファーストカットのラフが短いのですが、アンジュレーション(起伏)が大きく、セカンドショットでグリーンを狙うには、ティーショットで良いポジションを確保することが必須です。

ギャラリーもそのことをよく知っているので、一見簡単に見えるショットでも、良い戦略や、思い切った挑戦には、ちゃんと拍手をしてくれます。

ギャラリーの歓声や拍手が、マスターズをエキサイティングな大会に盛り上げてくれます。

マスターズの最多優勝回数は、ゴルフの帝王と言われたジャック・ニクラスの6回です。タイガー・ウッズは、2008年時点では4回です。

ジャック・ニクラスは、2位やトップ10も圧倒的に多いです。最多優勝の背景には、悔しい思いをしたことも多いのですね。

日本人選手としては、2001年の伊沢利光選手の4位というのが、最高順位です。

私もマスターズが一番好きなゴルフトーナメントです。

1987年にラリー・マイズがプレーオフの末、チップインで優勝したシーンや、1996年に ニック・ファルドが大差を逆転したシーンが印象的です。

いずれもグレッグ(グレグ)・ノーマンが関係してます。多くの人が、一度は優勝して欲しいと思ったことがある選手ではないでしょうか。

マスターズは本戦以外にも、前日にパー3コンテストが行われ、毎年恒例になっています。

パー3コンテストでは、本戦では見られないような、ユニークなプレーが見れることもあり、人気があります。

日本では、マスターズゴルフトーナメントは、TBSが放送していて、毎年流れるテーマソングが印象的です。この音楽が流れると、今年もマスターズのシーズンが来たことを実感します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。