ゴルフスイングは、シンプルなほうが上達する。

ゴルフスイングは、できるだけシンプルな理論ほうが、再現性が高くなるので、短期間で上達しやすいです。

*swing スウィングということもある

特にゴルフ初心者は、いろいろ考えてしまいます。

ゴルフ雑誌を読みながら、自分で試行錯誤する人も多いのではないでしょうか?

実は、最低限押さえるべきポイントをしっかり習得すると、90の壁を破ることは簡単です。

あまり難しく考えないで、基本に忠実に練習を繰り返すだけで、上達します。

ゴルフ経験のある中級者でも、このポイントを習得していないために、遠回りしている人がたくさんいます。

ゴルフスイングの理論はたくさんあります。本や雑誌、DVD、グッズもいろいろ販売されています。

その中でも、私が一番お薦めするのは、宮里優(みやざと まさる)氏の理論です。


ザ・宮里 ゴルフ世界流 PART 1 基本編 正しいプレーン&理想のスウィング 【DVD】

宮里優氏といえば、宮里三兄弟(聖志・優作・藍)のお父さんであり、トッププレーヤーに育てたティーチングプロとしても有名です。

アドレス、バックスイング、ダウンスイングの解説は、理にかなっていて、しかもシンプルなので、初心者でも納得できます。

このDVDの「基本のチェック」の「スウィングの始動」と「飛ばしの秘訣」が、とても参考になります。

特に宮里優作プロのシャフトのしならせ方に注目して欲しいです。ダウンスイングで、ゴルフクラブのシャフトが大きくしなるところは凄いです。

トップからの切り返しは、腰を切るところからスタートし、ダウンスイングで、もの凄くシャフトがしなっている様子がわかります。

体のパワー(回転)でシャフトをしならせている感じがします。飛距離は腕の力ではないことがわかります。

宮里優氏もDVDの中で、腕の力を抜くことが大切だと言っています。

体の回転がメインで、それに遅れないように腕の振りのタイミングを合わせます。

それに腰を切らないと(回転させないと)、フォロースルーで腕の振りが詰まります。だからインパクトの瞬間には、だいぶ腰が回転しています。

このDVDを見ると、「スイングはシンプルでいいんだ」と理解することができます。

正しくアドレスし、正しくバックスイングできれば、あとは体の回転、腰の切れでシャフトがしなり、飛距離が出るようになります。

小手先のテクニックは、不要です。

この基本を繰り返し練習し、身に付けることができれば、ゴルフスイングが安定し、飛距離も出るようになります。

すると、スコア80台、70台も夢ではありません。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。