ゴルフは30ヤードのアプローチ練習だけで、ドライバーが打てるようになる。

ゴルフ上達の秘訣は、ずばり30ヤードのアプローチ練習です。

たったこれだけで、ドライバーが打てるようになります。

女子プロゴルファーの宮里藍ちゃんが、米ツアーで初優勝したのは知っていますよね。

2009年の藍ちゃんは好調で、米女子ツアーで賞金女王争いを繰り広げるまでに成長しています。

その宮里藍ちゃんの父である宮里優氏が、DVDの中でこんな言葉を言っています。

「30ヤードのアプローチの練習を、もし本当にじっくり3ヶ月続けることができれば、いきなりドライバーが打てるんです。」

「なかなか皆、そこまで我慢できないんですけどね。」

あの宮里三兄弟も、30ヤードのアプローチから、練習したそうです。

宮里優/ザ・宮里ゴルフ世界流 PART3 練習編 必修30Yショットが上達への第


30ヤードのアプローチの中には、ゴルフ上達の秘訣がぎっしりと詰まっています。

腰の高さ(左)から、胸の高さ(右)までの単純なアプローチ練習だけで、ゴルフスイングを作ることができます。

バックスイングの上げ方、ダウンスイング、クラブの返し方、フォロスルーまでを、小さなアプローチの練習の中で習得します。

そして小さなショットでも、ちゃんとボディターンで打つことが大事だと言っています。

アプローチの練習でも、ボディターンが身に付きます。

これらをしっかりマスターすれば、大きなショットも打てるようになります。

またゴルフクラブをインパクトでターンする時に、手首を「返さない打ち方」と「返す打ち方」の両方を学ぶことがポイントです。

フルショットは、手首を返す打ち方の延長線上にあります。

DVDでの宮里優氏の解説によれば、フルショットは、30ヤードのアプローチから、「ヒョ
イとクラブを上げるだけ」だと言っているほどです。

確かに、DVDの映像を見ていると、ドライバーショットが簡単に打てそうな気がしてきます。

しかしその単純な練習を、繰り返し続けられる人は、ほとんどいません。だからみんなゴルフが上達せずに、遠回りしているのです。

独学でゴルフを練習していると、大きなゴルフクラブで練習してしまいます。

せっかくお金を出しているんだから、思いっきり遠くまで飛ばしたいのが人情です。

ついドライバーに手が伸びてしまいます。

30ヤードのアプローチだと、すぐそこまでしか飛ばないので、ボール代がもったいないような気持ちになりますよね。

しかしそこはグッと我慢して、3ヶ月間は30ヤードのアプローチをしっかり練習してください。結局はそのほうが、ゴルフ上達の近道になります。

今後の長いゴルフ人生を考えれば、3ヶ月間なんてあっという間です。

それに大きなスイングばかり練習していると、ミスショットの原因がどこにあるのかわからなくなります。

真っ直ぐ飛ぶようにつじつまを合わせようとすると、ゴルフスイングがどんどん壊れていきます。

確かにボールは真っ直ぐ飛ぶけれど、「ゴルフスイングが何か変だ」、「かなり複雑だ」という人を見かけますよね。

それはやはり腰の高さから、胸の高さまでの基本的な動きがしっかり出来ていないので、遠回りしているのです。

これからゴルフを始める子供達に、ゴルフ歴数十年のベテランが、たった数か月であっさり抜かれてしまうのもそのためです。

30ヤードのアプローチがしっかり出来ていれば、フルスイングは自然とシンプルで美しくなります。

また、30ヤードのアプローチだけで上達するなら、わざわざゴルフ練習場にいかなくても、自宅でも練習することができます。

最近は自宅で練習できるゴルフグッズが、たくさん販売されています。

・室内なら


・庭があれば




さらに ゴルフ練習ネット を見る。

さすがに自宅では、実際に30ヤード飛ばすのは無理ですが、スイング作りは十分可能です。

基本的な動作の練習だけなら、室内でもできます。

しかも自宅なら、ゴルフ練習場に行く手間も省けるので、毎日続けることができます。

そしてゴルフ練習場へ行く時は、以下のポイントを中心に練習してください。
・30ヤードのスイングが、ちゃんと出来ているか確認する。
・距離感を掴むための練習をする。

30ヤードのアプローチがしっかりできるようになってから、大きなショットを練習するようにしましょう。そのほうが絶対に近道です。

宮里優氏のDVDを、毎日10分くらい見るだけでも効果があります。

30ヤードのアプローチ解説部分だけでも、見る度に新しい発見や気付きがあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ゴルフ初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。